ホーム
記事一覧
プライバシーポリシー
免責事項
お問い合わせ

【爆速】PS4に外付けSSDを使ってMHWIをやってみた結果

2019-09-21

はじめに

こんにちは。おい丸です。

突然ですが、モンスターワールドアイスボーン(MHWI)やってますか?

実は私、最近ブームにのってモンスターワールドアイスボーン(MHWI)をはじめてみました。

久々のゲームで正直めちゃめちゃ楽しいです。

ただそんな面白いゲームの MHWI ですが、唯一不満があります。

 ロードが長い!!!


社会人の身としては、このロード時間がつらい、もったいない。。
モンハンは長時間プレイするので、無駄なロード時間がどれくらいあるのだろうと考えると恐ろしいです。

なんとかこの時間を短くできまいか、いろいろ探してみました。

すると、SSD でロード時間がかなり高速化するという記事をいくつかみつけました。

これは試すしかない!

そう思い今回は PS4 に SSD を導入してみたという内容です!

結論からいうと、MHWI プレイヤーは1秒でも早く SSD を導入すべきです。

試す前はこんなことが心配でしたが、今の所まっっったく問題ないです。

  • 本当に高速化するの?
  • 初期型の古い PS4 でもいけるの?
  • 専門知識が必要なんじゃ?
  • 保証が効かなくなるんじゃないの?

マジでデメリットが SSD 代くらいでした。

準備するもの

PS4 対応の SSD さえあれば大丈夫です。

どの SSD を選べばよいか

基本的には容量が250GB以上、8TB以下PS4で動作確認済みの SSD を選べばよいと思います。

この容量の制限の根拠はよくわからないです。
上限の方は認識しないからだと思うのですが、下限の方はなぜなんでしょう?

とりあえず、容量低いものは長く使いづらいと思うので、お金が許すならば 500GB くらいのものが無難かなと思います。

あとは、PS4 への SSD の導入方法が 2 通りあるので、やり方に応じて選ぶといいです。

PS4 に SSD を導入するには、PS4 内蔵の HDD を SSD に換装する方法と、USB で外付けする方法があります。

どちらの方法がいいかは使用している PS4 の種類によって効果が異なるので、どの PS4 を使っているかによって選ぶといいようです。

例えば、PS4 pro であれば内蔵 HDD を換装したほうが効果が高いという記事がありました。

個人的には、通常のデータの読み書きに HDD を使っているのであれば、どちらの方法でも高速化すると思うので、 速さか手軽さをとるかという感じで選べばいいと思います。

ちなみに私は断然外付けをおすすめします!
(※ 内蔵 HDD の換装を試したわけじゃありません)

理由は、外付けがめちゃめちゃ簡単かつ効果も満足できるものだったからです。

購入した SSD について

私の場合は初期型 PS4 というのもあって、外付けタイプしか選択肢がなかったので外付けタイプを購入しました。

他の理由としては、内蔵の HDD の換装はちょっとめんどくさいのと、保証が効かなくなったりしたらいやだなと思ったからです。

今回、私が選んだのは以下の BUFFALO の SSD です。

BUFFALO ポータブルSSD 日本製 PS4(メーカー動作確認済) USB3.1(Gen1) 対応 480GB SSD-PG480U3-B/NL 耐衝撃・コネクター保護機構

こちら Amazon で 7,000 円くらいでした。(※ 2019/9/21 時点)
水曜の夜に注文して金曜日には届きました。

選んだ理由としては、PS4メーカー動作確認済みとデカデカと Amazon の商品紹介ページに書いてあったのと、 BUFFALO製品日本製と書いてあったからです。

BUFFALO 製品はこれまでもストレージやルーターなどで何度も使用していて、特に不具合なく長く使えているというのがあったので 他のメーカーよりも BUFFALO のものを選びました。

値段的にはどこもそんなに変わらない印象です。

内蔵 HDD を換装したい方は、SSD の外側のカバーが不要なので、外付けの場合より安くすむかもしれません。

外付け SSD の導入方法

方法といってもほとんどコントローラーをポチポチするだけです。

所要時間は約 30 分くらいで、9 割が待ち時間です。

SSD 本体の大きさは長い辺がボールペンより少し短いくらいですごく小さいです。

付属のコードで SSD と PS4 前面の USB を接続するだけで作業準備完了です。

以降は、PS4 を起動しての作業になります。

やり方なんですが、BUFFALO の SSD 場合は外付け SSD として PS4 に使うためのわかりやすい説明書がついていて、特に詰まることなく作業できました。

デカデカと PS4 対応をアピールしていただけはあります。

簡単に説明すると、

1. USB で接続した SSD が外部ストレージとして認識されているか確認
(設定 → 周辺機器 →USB ストレージ機器)

2. SSD を選択し、PS4 用にフォーマットする
(SSD を新しく買ってない方は大事なデータが入ってないか確認してください)

3. フォーマット完了後、設定→ストレージ→アプリケーションから SSD に移すアプリケーションやゲームを選択し、「option」ボタンを押して拡張ストレージへ移動

MHWI の場合は 15~30 分くらいだったと思います。
シャワー入って髪乾かしてたら終わってました。

移行を確認するには、MHWI のアプリケーションのところで「option」をおして情報というところ選択します。
インストール場所が表示されるので、そこが拡張ストレージになっていれば完了です。

SSD 利用前と後の比較

MHWI で SSD 利用前後のロード時間を比較してみました。

計測はロードが始まったのを目視してからロードが終わるまでの時間を携帯アプリでカウントしました。

本当は回数試して平均とったほうが良かったのですのが、平均とるまでもなく明らかにに改善があったので一回計測したのみの値になります。

計測したロード場所は個人的に長いなと思ったロード場所です。


 すごくないですか??


ほとんどのロード時間が半分以下になってます。
誤差とか気にするまでもなく早くなってます。

ゲーム起動してから、クエスト行って帰るまでのトータル時間を計算してみると17198に短縮されてます。
導きの地の場合を計算すると、17361になっています。
(セーブデータ → サークル+クエスト受注 → 準備完了+拠点 → クエスト+クエスト → 拠点 )

数値上も短くなってますが、体感だとさらに早く感じました。

残念ながら、換装と外付けのどちらがいいかは今回は検証してないです。

まとめ

今回は PS4 に SSD を導入してみたという内容でした。

思っていたよりやり方も簡単で時間もかからず、結果も良好で大満足です。

当初疑問だった以下についても全く問題なかったです。

  • 本当に高速化するの?  →  各ロード時間がほぼ半分の時間に短縮
  • 初期型の古い PS4 でもいけるの?  →  問題なし。むしろ初期型のほうが効果は高い?
  • 専門知識が必要なんじゃ?  →  ちょーーーー簡単
  • 保証が効かなくなるんじゃないの?  →  外付けなので問題なし

デメリットが SSD 代だけで、モンハンが快適になって本当によかったです。

PS4 でモンハンやってる人は SSD 早く導入したほうが絶対いいです。